ロスミンローヤルはアレルギーの心配はない?

ロスミンローヤルはアレルギーの心配はない?

 

生薬にも様々な種類があります。

 

生薬そのものに対するアレルギー反応を持つ人もいるでしょう。

 

生薬は植物から生成されます。

 

植物アレルギーがある時には、特に注意した方がいいですね。

 

ロスミンローヤルのサポートセンターに問い合わせるか、かかりつけの医者・漢方などに詳しい薬局で相談してみて下さい。

 

最初に1回飲んで、体調や変化を見てから継続して服用するようにするといいかもしれません。

 

ロスミンローヤルは、お試しで初回限定は格安(1900円)で購入できます。

 

実際に飲んでみて、体調の変化がないか、湿疹など出てないかと検証すると安心ですね。

 

医療機関から処方された薬を服用中の時、薬の飲み合わせは素人で判断できません。

 

他の薬と併用する事で副作用が生じる可能性がゼロではありません。

 

治療の為「薬が処方されている=病気ケガをしている」状態なわけですから、ロスミンローヤルに限らず、安易に他の薬を飲むのはよくないです。

 

薬を飲んでいる人は絶対医者に相談しましょう。

 

過剰摂取は絶対に厳禁(容量・用法は守って!)

 

副作用ではないのですが、特に注意したいのが「過剰摂取」です。

 

ロスミンローヤルは単純なサプリメントではなく、効能がある第三類医薬品です。

 

「3つでシミが薄くなるなら、6つ飲んだらシミがすぐに消えるかも!」・・・なんていう考えはすぐにストップしましょう。

 

飲む容量を増やしたところで効果

が上がるわけではありません。

 

それは一例を挙げれば「朝飲み忘れたから」と昼に倍の数を飲むのも間違っているのと同じです。

 

ロスミンローヤルだけではありませんが、薬は用量用法を守るのが基本です。

 

ロスミンローヤルは副作用が少ない「第三類医薬品」

 

サポートセンターに「ロスミンローヤルの副作用はあるか?」という問い合わせをしたところ、以下のような返答をもらいました。

 

「一般的にドラッグストアで市販されている薬、一例を挙げれば風邪薬もそうですが、どの薬でも副作用の可能性について説明書きがありますよね?

 

でも、その副作用が出る可能性がとても低いというのが第三類医薬品です。

 

ロスミンローヤルは、この第三類医薬品なので、副作用についてはあまり気になさらないで平気かと思います」

 

▼第三類医薬品とは薬事法で定められた医薬品の種類。

 

第一、第二類は効能も高いが副作用の危険性も高いと言われています。

 

第三類は最も副作用の可能性が低い医薬品です。

 

けれども、まったく副作用がないというわけではありません。

 

そもそも、ロスミンローヤルは副作用の可能性があるのか?

 

第3類医薬品のため副作用の可能性は低いわけですが、ゼロとは言えません。

 

ロスミンローヤルの添付文書から、どんな副作用の可能性があるか確認しましょう。

 

薬を飲んで、「湿疹が出たり、胃痛や不快感が出る場合もある」となっています。

 

これは「出るかもしれない」ゼロではない可能性を、薬事法に従って表記しているものです。

 

どの薬でも副作用の可能性はあります。

 

ロスミンローヤルの場合も、人によっては症状が出るかもしれません。

 

体調が悪い時や疲労が強い時など、いつもより薬の効果が強く出る場合もあります。

 

なお、他の理由で湿疹ができたり、胃痛や下痢気味になったけど「ちょうどロスミンローヤル飲んでたからかな」とたまたま、副作用のように感じる時もあるでしょう。

 

いずれにしても、ロスミンローヤルはしっかりと容量や用法を守れば大きな問題はありません。

 

とはいえ少しでも不自然さを感じたら、いったんやめて医療機関を受診するなり、サポートセンターに問い合わせてみるのも大事です。

 

「安心して飲む」のは、非常に大事な事です。

 

 ロスミンローヤルの口コミと効果!生理・男性・肝斑・解約方法などを紹介

 

page top