ロスミンローヤルとトランシーノの違い!肝斑に効果があるのは?

ロスミンローヤルとトランシーノの違い

 

ロスミンローヤルは、9種の生薬成分を含む22種類の有効成分が配合されています。

 

シミやそばかすだけでなく、小じわやニキビ跡など様々な肌トラブルを改善できる第三類医薬品です。

 

トランシーノは、肝斑の改善に特化した第一類医薬品です。

 

肝斑の有効成分の1つであるトラネキサム酸が配合されています。

 

肝斑を改善できるのはどっち?

 

一般的に肝斑の改善が期待できるといわれている成分が、トラネキサム酸とL-システイン、ビタミンCです。

 

ロスミンローヤルにはL-システインとビタミンCが、トランシーノにはトラネキサム酸が配合されています。

 

肝斑のケアに特化したトランシーノでは、言うまでもなく肝斑の改善が期待できます。

 

「ロスミンローヤルで肝斑を薄くできるの?」と思うかもしれませんが、ロスミンローヤルも肝斑の改善が期待できます。

 

肝斑だけでなく、シミ・小じわに悩んでいるならロスミンローヤルがおすすめ

 

ロスミンローヤルとトランシーノはそれぞれの効果が違う事がわかりました。

 

トランシーノは肝斑のケアに特化した医薬品なので、肝斑のみに悩んでいる方におすすめです。

 

一方、ロスミンローヤルはシミや小じわ、肝斑、肌あれなど様々な肌トラブルを改善したい方におすすめです。

 

22種類の有効成分が配合されているため、本格的なエイジングケアが期待できます。

 

まとめ

 

ロスミンローヤル、トランシーノは共に口コミの評判が高い医薬品です。

 

自分のお肌の悩みに合わせて選択し、シミや肝斑のない透明感のある肌を手に入れてください。

 

 ロスミンローヤルの口コミと効果!生理・男性・肝斑・解約方法などを紹介

 

page top